MOFONGO'S REGGAETON

プエルトリコのレゲトン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Review of 2006 /2006年のレゲトン

2006年のレゲトンのReviewでも。

相変わらず聖地サンファンクラブは満杯。フロリダ(マイアミやオーランドなどなど)も同様だった。パナマ、ホンジュラス(サン・ペドロ・スーラ)、コロンビア(ボゴタ)、ベネズエラ(カラカス)などでも相当強かった。友人によればペルーとかエクアドルでも同じだったって。

06年は04-05年の異常な熱狂のクールダウン後、底辺の安定と次のステップに向かった年だったと思う。去年はやっぱカジェ・トレセ(Calle 13)ウィシン&ヤンデル(Wisin & Yandel)を先に挙げたいね。

Calle13のデビューアルバムは2005年。その直後にサンファンで見たパフォーマンスはすごく新鮮だった。Latin Grammy"Best New Artist" 、"Best Urban Music Album" 、“Best Short Form Music Video”の三部門制覇そのユニークな音作りは是非聴いてもらいたい。
2006年の新曲はコラボの曲ばかりだったけど今年は新譜が楽しみ。

GrammyCalle13Calle 13 at 7th Latin Grammy Award

Wisin & Yandelは、”レゲトンの王道”の路線でしっかりスタイルを作った感じ。だから他のアーティストからのお呼びもが多かったね。"Pal Mundo Special Edition"、"Los Vaqueros"とキャッチーな音がかっこよかった。

ベテラン勢のうちダディー・ヤンキー(Daddy Yankee)はツアーとコラボで忙しく、ライブ盤のみだったけど、ドン・オマールテゴ・カルデロンは数年ぶりにDY/ルニ・トゥーンズと違う音でレゲトンの世界を広げようとする意図の強い新譜をリリース。

サルサ側からのアンディー・モンタニェス(Andy Montan~ez)やエン・クラーベ(N’KLABE)”サルサトン“のアプローチもかっこよかったし、アベントゥーラ(Aventura)を筆頭にバチャータ側とかクンビア側との動きも目を離せない。

AndySalsatonAndy Montan~ez "Salsa Con Reggaeton"

日本じゃお祭りだったムーブメントは終わったけど、踊り場ではピュアなレゲトン(?)に加えて、”サルサトン“、ポップス+レゲトンが気軽に楽しまれてるのがうれしい。もちろんシャキーラも貢献大!それからロス・カリブレス(Los Kalibres)。日本発のレゲトン、今年もがんばって欲しい。

→ You Tubeでビデオを見る

DEJAPONLos Kalibres "Del Japon Pa'l Mundo"

◆◆◆

ということで、去年買ったCDから並べて見ます。プエルトリコ、フロリダで買ったのが多い。あとネットが少し。だから偏りがあると思うけど、もし他に良い盤があったら教えて下さいね!

【MY BEST 5】

■The Underdog/El Subestimado (06.8)- Tego Calderon
デビュー盤にノックアウトされて、その年サンファンでばったり遭遇。以来次は何をやるかなと期待してた中、やっと出てきた新譜。お気に入りはボルティオとエディー・ディー参加の”Payaso”。アルバム全体の紹介も書いてみた。興味のある人はどうぞ。
→アルバム紹介を読む

→ You Tubeでプロモ・ビデオ"Los Mate"を見る

El SubestomadoTego Calderon "The Underdog/El Subestimado"

■King of Kings(06.5) / Don Omar
このアルバムはヘビー。Eliel LindoのプロデュースでDYとは別の方向と新たな展開をねらってる。考えさせる詞の曲のバラード"Mun~ecas de Prcelina"、ダンスホールのビートたっぷりの"Belly Danza"などなどやや重いビートで楽しませてくれる。
→You Tubeでプロモ・ビデオ"Belly Danza"を見る

KingOfKingsDon Omar "King Of Kings"

■Los Vaqueros(06.11) - Wisin y Yandel presenta
絶好調のWisin & Yandelの11月出たばかりの新譜。バチャータや歌がロマンティコなTony Dize、ハードでかっこいい”Franco El Gorillaなどの”Los Vaqueros”の個性にも注目。

→You Tubeでプロモ・ビデオを見る
→You Tubeでプロモ・ビデオ” Pegao”を見る

LosVaqueros"Wisin&Yandel presenta Los Vaqueros"

■Los Benjamins(06.9) - Tainy & Luny Tunes
やっぱりルニー・トゥーンズの音は外せない。RBDを起用したポップなチューンなど、これまた色んな試みも面白いし、いつものLTサウンドも全開。Tainyの個性もチェック。

→You Tubeでプロモ・ビデオ”Noche De Entierro”を見る(Wisin y Yandel, Hector El Father, Daddy Yankee, Zion, Tonny Tun Tun)

MasFlowTainy & Luny Tunes "Los Benjamins"

■Chosen Few: El Documental 2 (06.11)
BOY WONDERこれもバラエティーに富んで面白い。

→You Tubeでプロモ・ビデオ” Intro This is the Chosen Few”を見る(Chosen Few All Stars)

Chosen Few II CDChosen Few: El Documental 2

【MY NEXT 10】
◆The Bad Boy(06.11) - Hector El Father

→You Tubeでプロモ・ビデオ” Sola”を見る

TheBadBoyHector El Father "The Bad Boy"

◆Los Rompe Discotekas (06.6) - Hector El Father

→You Tubeでプロモ・ビデオ” El Telefono”を見る
LosRompeDiscotekasHector El Father "Los Rompe Discotekas"

◆Top Of The Line (06.4) – Tito “El Bambino”

→You Tubeでプロモ・ビデオ”Caile”を見る
TopOfTheLineTito "l Bambino "Top Of The Line"

◆Pa'l Mundo Deluxe Edition(06.5) - Wisin y Yandel
→You Tubeでプロモ・ビデオ” Pam Pam”を見る
PalMundoDeluxWisin & Yandel "Pa'l Mundo Delux Edition"

◆Barrio Fino En Directo (06.6) –Daddy Yankee
→You Tubeでプロモ・ビデオ” Gasolina”を見る

BarrioFinoEnDirectoDaddy Yankee "Barrio Fino En Directo"

◆Masterpiece(06.2) - Rakim y Ken-Y
→You Tubeでプロモ・ビデオ” Down”を見る
MasterpieceRakim & Ken-Y "Masterpiece"

◆Sin Rivales(06.11) – Cheka

 →You Tubeでプロモ・ビデオを見る
SinRivalesCheka "Sin Rivales"

◆La Ultima Risa(06.10) - Baby Rasta
→You Tubeでプロモ・ビデオ” Toma Nena”を見る
LaUltimaRisaBaby Rasta "La Ultima Risa"

【SALSATON BEST 5】
■Andy Montanez/Salsa Con Reggaeton (06.4)
■N’KLABE/A Punto de Estallar(06.10)
→You Tubeでビデオ” AmorでNuneNoche”を見る
APuntoDeEstallarN'Klabe "A Punto De Estallar"

■Micael Stuart/Back To Da Barrio (06.3)
BackTODaBarrioMichael Stuart "Back To Da Barrio"

■La India/Soy Diferente (06.1)
SoyDiferenteLa India "Soy Diferente"

■Decision Unanime/Victor Manuelle (06.5)
DecisionUnanimeVictor Manuelle "Decision Unanime"

【まずまず楽しんだアルバム】
Los Reyes Del Perreo(06.9) - Alexis y Fido
“Descontrol”がいいね。
→You Tubeでプロモ・ビデオ” Me Quiere Besar”を見る
LosReyesDelPerreo
◆Mas Flow 2.5 (06.8)
MasFlow25
Before & After (06.3) Magnate & Valentino
BeforeAfter
Don Omar Presenta Los Bandoleros Reloaded (06.11)
→You Tubeでプロモ・ビデオ” Sen~or De La Noche”を見る
LosBandoleros
Gargolas: The Next Generation(06.8)
GargolasNext
Gargolas: 10th Anniversary Collection (06.5)
Gargolas10
Sangre Nueva Special Edition (06.4)
SangreNuevaSpecial
Antesala/Andy Boy (06.3)
Antesala
Masterpiece World Tour Rakim y Ken-Y (06.12)
MasterpieceTour
スポンサーサイト
  1. 2007/01/06(土) 01:21:04|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

九九もレゲトン

ナイン・ナインではありません。九九(くく)です。
2 x 2= 4ね。

『Aprende a multiplicar a lo reggaet醇pn/掛け算をレゲトンで覚えよう』っていうCDがプエルトリコで売り出されてるようです。

matematica
"Aprende a Multiplicar a lo Reggaeton"
(Fer Jan Music)

数字がキャップかぶってちょっとかわいいジャケ。

アメリカ式だから 1x1 から 12 x 12まで。けっこうダンスにも使えるみたい。こうやって、プエルトリコの子供たちは算数とレゲトン、一緒に楽しんじゃうんだなあ。理科や社会、歴史版も出たりするかも。日本人も学ばないとね。それと、レゲトンファンはスペイン語もね。サルサならまずセリア・クルースも定番。ティト・プエンテの諸作もおもしろい。歌詞の聞き取りがんばって。




























































































































































































































































































































































































































































































































]


































































































































































Ruben Blades, Dos Clasicos
































































































































































































































































































































































































  1. 2005/09/01(木) 23:47:19|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ちょっと一服

しかし日本のレコード会社もレゲトンがんがん出してきて夏休みに楽しむのに絶好ですね。かっこいい曲はゼヒとも人気が出て欲しいもんです。

好みは色々でしょうが、日本盤が発売された中なら好きなのは:

★トニー・タッチ:ザ・レゲトニー・アルバム
★ザイオン&レノックス:モティバンド・ア・ラ・ヤル
★フリオ・ボルティオ:ボルテージ・AC

というあたりでしょうか。

しかし日本盤攻勢、ユニバーサルのダディー・ヤンキー、ドン・オマール、ルーニー・トゥーンズの後、
東芝EMIも速かったですね。BMGも急遽追従したし。

ボルティオ、いきなり日本発売されるとは本人も驚きでしょう。でも急遽対応なので、サイトのアドも変な感じのとこもありました。

フリオ・ボルティオの紹介にプエルト・リコの「サンタース生まれ」とあります。
ACVoltage
Julio Voltio
"AC Voltage"

でもサンタースという読み方、プエルトリコで米人観光客がこう発音しているのを聞きますが、どうせなら地元の発音通り「サントゥルセ」としたいところです。

だって、このサントゥルセって場所が大事なのですよー。NYだったら「ハーレム生まれ」とか「サウス・ブロンクス生まれ」とか言うと、はーん、なるほどねぇ、ってなるのと同じ感じで。

プエルトリコの首都圏に住むシティー・ボーイでありながら、サルサやプレーナやボンバと言ったプエルトリコな音楽にどっぷり浸かり、同時にヒップ・ホップ/ラップ/ダンスホール・レゲエのクラブが身近にある中で育った、ってことがこの地名で一発で分かるのだから。

Desahogo
Vico C
"Desahogo"

Vico Cの アルバム「DESAHOGO」の紹介には

『イヴィ・クイーン、カルチュラ・プロフェティカ、そしてエディ・ディーなど、レゲトン・スターたちが惜しげもなく参加しており』

とあります。でも「クルトゥラ・プロフェティカ」は"レゲトン・スター"だと言ったら本人達怒るかも。だってずっとレゲエ一筋、ルーツ系の良いバンドなのです。

Diario
Cultura Profetica
"Diario" (2002)

あと「ギルベルト・サンタ・ローサ」というのも、IVY QUEENをスペイン読みするなら、ヒルベルトと表記して貰いたい所ですね。現在のサルサ・シーンの大物ですから。

Autentico
Gilberto Santa Rosa
"Autentico"

まあ、細かいことは無視して、Vico C聞いてヒルベルトが気に入ったら、彼のアルバムもぜひどうぞ!

◆◆◆


さてさて一方で、だんだんきっちりした情報は増えて来てますね。

最近のものでは、bmrでニューヨークからのとってもナイスなレポートをいくつも書かれている渡辺深雪さんがTOWER RECORDSのフリー・マガジン"bounce"の最新号No.267にトニー・タッチザイオン&レノックスのインタビュー記事を書かれてますね。渡辺さんはブルックリン在住でヒップ・ホップもブラック・ミュージックもお手のものだから、いつもとても楽しみです。

TakeshiさんがYahooのに書かれたのやオリコンのサイトの概要紹介もコンパクトにまとまったいい紹介。「プエルトリコはベネズエラに近いカリブ海に浮かぶ四国ほどの大きさの島」というのはなんだか変だけど。

あとオリコンの紹介するCDは日本盤で出ているのに限られますが、これには含まれていないテゴ・カルデロン、イビー・クイーンとかのリーダー作のアルバムも、ゼヒゼヒきっちり聴かれて欲しいと思います。

ま、とにかく、レゲトンが「プエルトリコ」で熟成された事をきっちりかかれて来るようになってて、やっと初期の変な情報が消えてきかなあ、と。よかった、よかった。

去年は『キューバで生まれた新しいダンス・レゲトン!』とか『ルンバとティンバから生まれたレゲトン!』なんてのもあったからなあ・・・。あのダンス教室どうしているかなあ・・・

  1. 2005/08/11(木) 00:13:49|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

レゲトン!Reggaeton!って一体なんなのさ??

ブログ作って1週間になりますが、予想通り更新が止まっています。ははは。(開き直り)


それに比べてすごいのはNattyさんのレゲトン・ブログ

レゲトン!Reggaeton!って一体なんなのさ??

です。5/3にスタートして以来毎日更新です。しかし、毎日更新もそれだけですごいのですが、NattyさんのブラックなR&Bな音への愛も!であります。Nattyさんは別に

ブラックミュージック総合ファンサイト【Untitled】

というブラック・ミュージックのブログもやられていて、そして

サンプリングべいべぇぇぇ

というサンプリングの元ネタに特化した例を見ないサイトも運営しているというすごい!へんな!(←こ、これはワクワクするようなものに出会ったときの興奮を沢山含んだ賛辞です。すみません、こんな表現で)方なのです。(←いやお会いしたことも、メールした事もないのですが、言い切ってしまいます)

このレゲトン・サイトでもブラック・ミュージックへの愛情と知識を背景にしたコメントは素晴らしいものがあります。そして時に脱力感あふれる、サービス精神たっぷりの文章も、「腐女子の行く道、萌える道」という好きだったブログ(現在休止中)みたいなリズム感で、こちらも楽しい。

5/6のテゴの紹介なども、僕の様にゴタクならべないで(←おい、まだテゴのことなんか書いてないだろう←いや、次に用意しているのがテゴなのでつい・・)聴いた耳でテゴの魅力を語っていて、「それ、それですよね」って感じで泣けます。

そしてプエルトリコ関係者が見逃せないのは、島のサルサへの愛を語らせたら、現在個人ランキングトップのOyamaさんが時々コメントを書いている事、そしてNattyさんが、それに関連した画像や音を一つ一つ丁寧に拾ってリンクされているのも見逃せません。いや、ああいうのはリンクではなくて「サンプリング」を元にした「コラボ」と言うべきでしょう。

例えば最近では
6/15 エクトル・ラボーとファット・ジョー
6/18 Jelly BeanとH.O.L.A.

などなどです。


今日のページでブログの宣伝までして頂いてるのを見つけでちょいびびりました。(汗)(汗)(汗)(汗)
レゲトン!って一体なんなのさ??ブラックミュージック総合ファンサイト【Untitled】 のようなエネルギーにはとても及びませんが、ぼちぼちとやっていきたいと思います。(←いや、こういうサラリーマンの様な締めくくりはどうでも良いから早く更新しろ)

  1. 2005/06/20(月) 01:29:09|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MOFONGO

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。