MOFONGO'S REGGAETON

プエルトリコのレゲトン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

プエルトリコ '08.3 The Noise

(Nyuorican Cafe at Old San Juan, 08.3, 11:50pm)

「モシモシ、ミゲサンデスカ?」
「デ・キエン?アイ!カランバ、モフォンゴ!ケロケアーイ!ドンデスタス?」
「オールド・サンファンだよ。ちょっと挨拶だけね」
「おい、えっとフォルタレサからカジェ・タンカの角分る?今行くから待ってろよ!」
なんだ、オールド・サンファンにいるんかい。
「まてまて。今、ニューヨリカン・カフェなんだけど、サルサな友達と飲んでるからさ、今回は遅くなるし挨拶だけだよ」
「1:00頃終わったらこっち来いよ。今日はNOISE。まだ居るからさ」
あやー、またミゲに世話になっちゃうよ。

電話の後、サルサ話で盛り上がり、イスラエルとサミーに礼を言って別れる。
「日本に帰っても連絡よろしく」

◆◆◆

nochevsj

酔っ払ってオールド・サンファンをフラフラするのはいいね。

ノイズの入り口でぼけーと待ってると、出て来た来た来た!!
「モ・フォン・ゴ・サーン」

ミゲ、かっこいいね相変わらず。

The Noiseはレゲトンの初期を知る人ならはずせない。Playeroのシリーズと並びThe Noiseのシリーズから、イビー・クインやベイビー・ラスタ&グリンゴ、アルベルト・スタイリーと言ったスターが生まれ、若手のダディー・ヤンキーが活動を始めという時代。ウイシン&ヤンデルなんてまだ子供だった頃だ。
noise

入り口あたりにポリスがパトカー停めてて警戒中。兄ちゃん、ねーちゃんがごった返す。
入り口でしっかりセキュリティー・チェックされて中に入ると、ビートがぶつかってくる。レゲトーン!

ミ「ほら今夜は、チョリセオでウィシン&ヤンデルのコンサートだったんだよ。モフォも来ればよかったのに」
モ「そうだった。でももう売り切れだって言われてさ、あきらめたのよ」
ミ「最高よかったよ」
pe

ミゲが友達を紹介してくれる。ミゲの彼女には前に一度会ってる。久しぶり。しかし、今日はみんなかっこいいな。
という事で、もう1次会で酔っ払ってるので、細かいことは抜き。アンヘル&クリスのラ・ベシーナとかカニー・ガルシアのミックスとか、テゴのヘビーなやつとかカジェ13とかなんとなく覚えてる。

あとで思えば、こんな盤だったと思う。(CD捕獲)

◆アンヘル&クリス(Angel y Khris) / Showtime
Showtime

やっぱ"La Vecina"。これはラジオでもショッピング・センターでも良くかかってた。

◆クンビア・オールスターズ(Kumbia All Starz) /"Planeta Kumbia"
kumbia

これはA.B. Quintanillaのバンド。2曲目"Por Ti Baby" (ft. Flex)がよく掛かってます。

◆エル・ルーキー (El Roockie) / Semblante Urbano
semblante


◆アレクシス&フィド (Alexis & Fido) / Sobrenatural
sobrenatural

これは出てからちょっと経つけど、やっぱいいなあ。Soy Igual Que Tu

◆テゴ・カルデロン(Tego Calderon) / El Abayarde Contraataca
contraataca

テゴはやっぱり素晴らしい。ヘビー。ヒップホップ感覚。黒い。
Quitarte 'To / ft. Randyがかっこいい!

◆ウィシン&ヤンデル(Wisin y Yandel) /Los Extraterrestres
WisinYandel2

やっぱ、当日コンサートだった彼らの音も無しではすまない。 "Quisiera Saber"

たっぷり音に浸り切り、酔っ払い、ダンスでふらふらになる。はミゲがぼちぼち、って感じなのでこれで引き上げよう。

モ「グラシア、マノ!」
ミ「クイダーテ、パピ。じゃな」

タクシーで宿に戻る。部屋に入ると気が抜けたのか、何も考えずベッドに倒れ込んだ(らしい)。翌朝は生きているのか?

(続く)
スポンサーサイト
  1. 2008/03/18(火) 20:12:53|
  2. 現場から
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

07.12 San Juan, Puerto Rico

夕方、サンファン着。宿へ向かうタクシーでラジオをつけてもらう。恒例の音楽占い。流れ出したのは、お約束のパランダ!

なんだ、この"レチョン・レチョン。レチョン!"って曲は?この声はビクトル・マヌエル。あー、今年のクリスマスCDだな。ナビダー!
a mi estilo

女性の運転手とクリスマス料理の話で盛り上がる。アロッ・コン・ガンドゥーレ、レチョン、パステレ(ス)、コキート、アロッ・コン・ドゥルセ、アイ・ベンディート!

◆◆◆


街には、ナビダーの色が濃いが、ラジオをひねればレゲトンもがんがん。

Voltio En Lo Claro

街中のポスター、よく見かけたのはボルティオ"En Lo Claro"Alexis y Fido"Sobrenatural"、それにNejo & Dalmata"Broke and Famous"。

Nejo Dalmata

→YouTubeでVoltioのEl Mellaoを見る。

YouTubeでñejo y dalmataの "Esa nena" を見る。

◆◆◆

早速客と会食。中華で腹一杯。プエルトリコはつい食いすぎるなあ。
その後、お客の家に招かれ延々盛り上がる。庭のコキの声が心地よい。気がついたら3:00AM!かなりボロボロ。ホテルまで送ってもらう。

◆◆◆

一応、恒例のミゲに電話してみる。今回は約束できないって言ってあるけど、一応挨拶はね。


「MOSHI MOSHI, ミゲサン デスカ」
「シ・カブロン!モフォサン・デスカ。なんだけっこう早くおわったね。」
「はぁ?もう4時近いだろ」
「そこから5分の802にいるからさ、今迎えに行くよ。」
「は?」


802はちょいと危ないとこにあるクラブ。今年の夏に出来たばかり。昔"Hollywood"ってクラブのあった場所。

ミゲが近くのガソリン・スタンドに車止めるとその横にはパトカーが警戒中。まあ、彼らがいるなら平気だろう。

道端には出てくるやつ、これから入るやつとごった返している。いやー、兄ちゃん、ねーちゃん、みんな危なそうにかっこいいわ。

JD

クラブ内はもうすごい熱気。この時間だちゅうに。今日はね、色々企画充実なんだ。まず、DJのコンテストの最終予選もあり、ライブが

Alexis y Fido
Franco el Gorila
Ángel y Khris
MJ!


これで一杯にならないわきゃない。

sobrenatural


奥のステージ、Alexis y Fidoじゃん!やった!10月にリリースしたSobrenatural、カッコいいんだよ。ナマに聴けるとはラッキー。いつもながらミゲに感謝。


→YouTubeでSoy Igual Que Tu - Alexis y Fido Ft. Toby Love" を見る。

 →YouTubeでAlexis y Fido - 5 Letras " を見る。 


ステージ後もウィシン&ヤンデルラキム&ケンエル・ファーザーティト・エル・バンビーノカジェ13、ともう定番の美味しいとこかかりまくり。

変な東洋系が紛れ込んでるから、胡散臭い目で見られるが、ミゲのグループがガードしてくれる。ありがたいね。6:00AMくらいまで踊って、ようやく引き上げる。

はっきり言ってボロボロ。
しかし、ボロボロの価値はある。ミゲ、Gracias。

宿へ戻りシャワー浴びて、ベッドへ倒れこむ。
いlや、すぐ寝てはいかん。携帯目覚ましをかろうじてセットする。
明日のアポに起きられるのだろうか??と思うまもなくあっという間に落ちた。

(続く)
  1. 2007/12/15(土) 23:21:28|
  2. 現場から
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Reggaeton@Puerto Rico 07.6

3ヶ月ぶりのサンファン。
土曜の夜、0:00きっかり、宿の電話が鳴る。来たー!

モフォ「Hola! ミゲいつも悪いな」
ミゲ「問題ないよ。日本はどう?ダディー・ヤンキーの新しいのってどうよ?」
「うーん、Barrio Finoって訳にはいかないけどね。ちょっと間が空いたからなあ。個人的にはCalle 13だけど」
「クラーロ!今晩も楽しめるよ、きっと」

おなじみのCalle CruzのLazerへr。
学校休みだからちょっと出が遅いか?いやいやいつもの熱気。
付き合ってくれるのは友人のぺぺ、ガールフレンドのアマンダとガブリエラ。

Lazeryal

「ね、レゲトン、誰好き?」
「ウィシン、レネ(Calle 13)、テゴ、大好き!」
「ティト(エル・バンビーノ)、ウィシンかな」
「ね、ケン-Yとか、アレクシスとかは」
「キュート。でも高校生って感じ?」
「じゃ、ミゲリートは?」
「きゃははは、彼はSoooo Cute!」

シンパティカな女性、DJの繰り出す音、思いっきり踊る兄ちゃん、ねーちゃん、笑顔とリラックスとセクシーさ。最高だな。

アクロバティックなパフォ用のレゲトン・ダンスなんかない。でも、皆十分セクシーでエネルギッシュでクール。

Calle13が掛かるとみんな元気元気。なんてったって、新譜おもしろいもんね。

そういえば昼間、街でマガジン・スタンドのぞいたら、彼らが表紙の雑誌がどーん。
Calle13revista1

Calle13revista2

Calle13Live
→YouTubeでCalle 13の新譜のライブ・バージョンを見る

もう一人、表紙を飾ってるのはだれかというと・・

MiguelitoRevista

そう、ミゲリート君なのでした。最近1枚目にDVD付けた盤をリリース。

MiguelitoYouTube

→YouTubeでMiguelitoを見る

ミゲリートに続くベイビー・レゲトネーロも何人も控えてるし、一方でテゴやカジェ13のような枠に縛られないアーティストも大きな支持を受けている。もちろん王道のルニー・トゥーンズ的サウンドは次々に新人をデビューさせているし、さすがレゲトンが生まれたプエルトリコのいシーンはやっぱり面白い。

モ「ミゲ、じゃそろそろ帰るよ。じゃましちゃ悪いしさ」
ミ「今度は日本のチカも連れて来いよ」

仕事で来てんの知ってるだろ、まったく

  1. 2007/07/09(月) 16:57:18|
  2. 現場から
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

San Juan, Puerto Rico Nov. 06 (2) Posters

丁度新譜続出のタイミングだったサンファン。
街中にはレゲトンのポスターなどもベタベタあっていい感じ。やっぱ、レゲトンはプエルトリコです。

空港から町に向かう26号線のビルボード、まずはドン・オマール”King of Kings”がお出迎え。

DonOmarBillbord

バス停でバスを待っててもその横にはKingがいます。ドン・オマール・ファンにはたまんないかも。

Don Omar Poster


雑誌を見ればレゲトン。

街角のビルをみあげればレゲトン。

El Pueblo reloaded


この"EL PUEBLO"ってCD、去年出たんだけど、ホンジュラスからなんだ!

El Pueblo CD
"Del Pueblo Pal Pueblo Reggaeton Reloaded"by El Pueblo



この”EL PUEBLO”、ホンジュラスのラップじゃベテランのBig Juniorがプロデュースする6人組。レゲトンだけじゃなくヒップホップもありだけど頑張ってるね。

中米もけっこうヤルよね。この間ホンジュラスの首都テグシガルパの街にはダディー・ヤンキーのPepsiのBillboardがあふれてた。そんなホンジュラスから本場プエルトリコに売り込みをかけてるってわけ。
Miguelito GOLD2


こっちは”GOLD2”
Mi Sueno Gold2 CD
GOLD 2 "Mi Suen~o"

この中のウリはミゲリート君。かわいいよね。7才だよ、たった7才。でも、うまいんだよ。

Miguelito 7 anos
かわいいね。

今月下旬にソロも出るっていう。レーベルが力入れてんのが分かる。

◆◆◆


街中には、ここそこにレゲトンの大ポスター。

Chosen Few II Poster


BOY WONDERの”CHOSEN FEW II”も丁度発売。街中にはさっそくポスターが並ぶ。これいいよ。

Chosen Few II CD
"CHOSEN FEW II"

それから同じく出たばっかのHector “El Father””The Bad Boy”。このCDもなかなかGood。

El Father The Bad Boy


ポスターの中で一番かっこいいのはなんといっても
“LOS VAQUEROS” 

Los Vaqueros Poster


Wisin y Yandelと彼らがPushするTony DizeやGadielなんかが、ど真ん中のレゲトンを聞かせてくれてる。

ポスターの中には12月にプエルトリコ公演のShakiraもあった。

Shakira Poster
"SHAKIRA CONCIERTO en Choliseo"

ぐっと来るデザイン。”Hip don’t lie”ということでこれもレゲトン・ポスターの仲間に入れちゃおう。

こんな感じで、音だけじゃなくちょっとした風景の中でもレゲトンが楽しめちゃうサンファンなのです。
  1. 2006/12/08(金) 15:33:27|
  2. 現場から
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

San Juan, Puerto Rico Nov. 2006 (1)

5ヶ月ぶりのサンファン、プエルトリコ

夕飯食べて宿に戻り、一休み。夜中過ぎに電話来た。

「Mosi-mosi? Hola, Mofongito-san, Bienvenido! Ke lo que ay, papi?」

ミゲだ。

「Ay Miguelito!q'estas haciendo, papi! Como estan tus corrillos? Donde vamo 'ta noche?♪Calor~dame calor~, gatita pide calor~♪」

「Jejeje, te gueta ”El Father”? papi. では、いつのも通り」

ミゲはありがたいよ。旅先で一人でレゲトン踊りに行ってもねー怪しいだけだもんね。ミゲへのお土産はロス・カリブレスのCD。場所は、ってまたもLAZER。やっぱ慣れたとこが落ち着くね。

ここに来てまたいろいろ新譜も出て、知らない曲もけっこうかかる。声で判断しても分かんないとミゲや友達に聞く。カジェ・13!強いね。Calle 13のResidenteとNelly Furtado"NO HAY IGUAL"のビデオ・クリップがスクリーンに流れる。

Loose
Nelly Furtado "Loose"

→You Tubeで見る


ウィシン&ヤンデル
も強いよ。それからアンヘル&クリス、ラキム&ケンY

間にTegoのPayasoとかかかって、かっこいい!ストレートなレゲトンの中でヘビーなテゴってかっこよすぎる。
El SubestomadoTego Calderon "El Subestimado"

新譜からはLOS VAQUEROS(Wisin & Yandelね!)、HECTOR "EL FATHER"”LA FAMILIA LIVE”"The Bad Boy"、ルニー・トゥーンズとタイニーの”LOS BENJAMINS””CHOSEN FEW II”からもね。

スクリーンにはChosen Few IIのPlayboy MansionでのパーティーのPVが。
あ、CHELOもかかったよ。もちろん”Cha Cha”ね。

そうそう、ボルティオ!パピ・ボルタヘ、いいよなあ、好きだなあ。N’KLABEとのサルサもんのヒット”Amor de Una noche”とか新譜から”Ella volvio”がかかるとね、いままで時にきわどくセクシーに踊ってたレゲトン君、レゲトン娘がね、ちゃんと組んで踊るんだ。それがさ、まったり余裕でいいんだよ。

Lazer

東京のサルサの踊り場で時々見るようなグルグル回し、LAアクロバット・スタイルみたいな下品なのは絶対いないのよ。ワザなんてミニマム。でもね、その踊りのフィーリングと2人のその距離感がね、抜群!なんだ。レゲトン・パートへのスムーズな切り替えとサルサに戻った直後の、絶妙のホールドの緊張感。

Los VaquerosWisin & Yandel Presentan : LOS VAQUEROS

今回ミゲご一行がエスコートしてきた女性軍、またまたかわいい娘ぞろい。そして中にめちゃ踊りがかっこいい娘が2人いた。ダマリスとマリッツア。ちょっとモレーナで黒髪のダマリス、クラっとくるわー。カメラのバッテリーがアウトだったのが残念。しかしなんていうか、体をどう動かすとどう見えるかよく分かってて、大きく早く動くときとゆっくり動くときのメリハリが、すごい・・・。こちらも思わず力(いや腰か)はいる。楽しいね、Party Time!

2時間くらいいて場所移動。3時過ぎなのでここでミゲ一行と分かれて宿へ。
「モフォンギート、今度は日本からチカ連れて来てよ!踊りの好きな娘。よろしく」

うーん。サルサもレゲトンもバッチリなコリージョはたくさんいますが、CDもって来るみたいに気軽には・・・。でも皆でどっとPartyに来たいなあ。
  1. 2006/11/30(木) 23:53:37|
  2. 現場から
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

MOFONGO

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。