MOFONGO'S REGGAETON

プエルトリコのレゲトン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

レゲトン・バリオ Vol.2 JZ Brat

kalibres1c

レゲトン・バリオVol.2、行ってきました。
場所は渋谷のセルリアン・タワー内Jz Brat。

8:00pmくらいに入るとまだフロアには人が薄い。あ、回してるのはDJ. Desordoだ。いい感じのつなぎ。知らない曲も多いけど、チカーノ又はメキシカン・ヒップ・ホップ?つなぎがスムーズで、踊りたくなっても一人だけフロアに出るユウキはなくて、おとなしく待つ。

9:00pm前くらいになるとだんだん詰まって来た。DJ はSPICYに。こちらのナイスです。DesordoさんにCDを見せてもらう。うーん、メキシカン・ヒップ・ホップだって。チカーノはけっこう日本に入っててもメキシコのヒップホップまではなかなかないみたい。ウエッサイの事なんかからめて色々教えてもらった。

軽く踊ったりしてるとまずダンスのパフォーマンスが始まった。クバーナのYayiを中心にしたチーム。高速ヒップ・シェイク。ワーオ!

返し用PAスピーカーの位置のせいかちょっと「パフォーマンスを見る」みたいな感じの距離感。もう少し近寄ってヒートアップしたかった。

Kalibres1a


DJタイムを挟んでLos Kalibres登場。まってたよ!EL NANDOLANDOがリードをとり、DANIELが歌も入れる。スパニッシュとジャパニーズが行き来するラッピン。前に後ろに動くステージング。かっこいいね。ヒップ・ホップのカッコ良さにスパニッシュのもつ音感が入ると、色艶がでるんだよ。どうしてかなあ。

Kalibres1b

ダンス・パフォーマンスと同様、ちょっとステージ前の場所がきゅうくつな感じで、聴きながら体がんがん動かせなかったけど、リズムの乗りも良いし楽しかったです。

その後はDJタイムでDJ Frankが回した。サルサありレゲトンありのミックスでサルサ踊りたかった人達も楽しんでました。ただ、ちょっと雑でしたねFrankのDJ。つなぎも甘いしあんま流れがなかったのが残念。

今回2回目ですが、また次回が楽しみ。



スポンサーサイト
  1. 2005/10/30(日) 22:22:51|
  2. 現場から
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

REGGAETON BARRIO VOL.2

Kalibres2



YacoさんからInfoあった、REGGAETON BARRIO VOL..2、今回は早い時間スタートなので夜更かし禁止の人も楽しめますね!

"ジャポニョール"ラップ&レゲトンのLos Kalibres、とMi Razzaのライブもあるし、DJはセニョールDesordoとSpicyと間違いの無いメンツ。
楽しみましょう!

Kalibres

10月28日(金)19:00~
entrance: ¥2,500(w/1 drink)
at:渋谷Jz Brat(セルリアン・ホテル内)
MAP
Live:Los Kalibres, Mi Razza
DJ:Desordo, Spicy
Peformanceアリ。
  1. 2005/10/24(月) 01:20:41|
  2. Event
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ダディー・ヤンキー:Lo Que Paso Paso

今回、オーランド、プエルトリコ、マイアミ、そして中米のエルサルバドルと回って、全部の場所のクラブで、ラジオで、テレビで流れた曲が1曲だけあった。

ダディー・ヤンキーの”Lo Que Paso Paso/ロ・ケ・パソ・パソ”。昨年発売以来150万枚を売った”Barrio Fino”のセカンド・カットだったと思う。”ガソリーナ”の後を追ってしっかりヒットした。だがプロモも一段落した今のタイミングでも、相変わらず流れているのだ。

Barriofino

“バリオ・フィノでの話なんだ”って出だしで始まるこの曲。深夜の時間帯、クラブなのかダンスホールなのか、音楽が鳴り、セルラーが光る。思いがすれ違う2人。

不思議に息の詰まるような悲しみと突き放したような感覚。メロのパートとラップが絡まり、キャッチーなフレーズが耳に残る。プロモの後にもしっかりと人気を保ってる、いい曲。

◆◆◆


彼の曲がよく流れてたっていうのは、8月末からの全米ツアー中だったって事もあるかもしれない。

whosyourdaddy

全米ツアーのキック・オフはニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデンだった。この”Who’s your Daddy? Tour”と題された公演、NYで大成功のスタートを切った後も、各地で大量の観客を動員たことがマスコミのレビューで報じられた。

◆◆◆


シカゴのオールステート・アリーナでの公演に対してシカゴの”Sun Times”紙はこんな調子だ。

DY1


「・・・ザイオン&レノックスの"Doncella"や"Bandida”などのノセノセのチューンやバラード”Perdoname”を含む45分のパフォーマンス、そしてテゴ・カルデロンが・・そのストレートなヒップ・ホップでレゲトン・ファンに休む間も与えなかった。

11時近くになってダディー・ヤンキーとクルーが登場、パーティーが始まった。アルバム”Barrio Fino”の1曲目、めちゃくちゃパーカッシブな”King Daddy”が爆発し、”El Cangri”(ダディーの事) は狂った様にリズムを掻き立てた。・・・殆どソールド・アウトだったコンサートの観衆はダディーの前にひれ伏した。・・・」

DY2


マイアミのアメリカン・エアライン・アリーナでの公演は

「・・・後でケーブルTVで放映される予定のこのコンサートだが、この当日、コンサートを見た大部分が若い世代の(在マイアミ)キューバンやプエルトリカンだったとしても、彼らは(後で番組を見るだろう)全てのラテンアメリカの聴衆を代表していたと言える。」なんて書かれていた。

アメリカ、そしてラテンアメリカで支持されている事がよく分かる。

彼自身も最近の色々なインタビューでもこの”レゲトン現象”のベースとして自分の「プエルトリコ」のリアルさにこだわりを持ち、それを「ラティーノが共有するメッセージ」へと昇華させる事を語っている。でもインターナショナルなマーケットをしっかりプッシュしながら、根っこがプエルトリコ。

◆◆◆


そういえば”Lo Que Paso Paso”のプロモ・ビデオの場面は、というとプエルトリコのサン・セバスティアン通りで撮影されている。

loque
PV: "Lo Que Paso Paso"

vsj11


”Rumba”や”Cafe San Sebastian”などの夜遊びで踊れるスポットのある一角。この曲に出てくる場面がリアルに浮かぶ。フイルムにはプエルトリコの地元の音楽のパーカッション、パンデレータも登場して色々ローカル。

Dy08

左のタンバリンのようなパーカッションが
プレーナに使うパンデレータ

そんなプエルトリコの感覚やそのリアルな現実からから生まれた音のレゲトン、どんな風になって行くんだろうか。

  1. 2005/10/16(日) 23:41:08|
  2. Daddy Yankee
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

MTVでレゲトン特集!

Tego4

MTVでレゲトン特集があるみたいです♪
放映日はこんな感じ♪♪

10月11日(火)23:00 [初]MTV Reggaton Rising-レゲトン旋風到来
10月13日(木)20:00 (再)
10月15日(土)15:00 (再)
10月17日(月)12:00 (再)

だれが出てくるかな?!
  1. 2005/10/09(日) 10:57:41|
  2. 記事・番組
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フロリダ情報(2)

オーランド最終日。

明日は移動で朝早いし、今日はおとなしくしてよう。夜遊び好きなラテン各国からの仕事仲間もみんな午後には帰るしな。やれやれ。これ以上付き合ってると体がもたんよ。

「モフォンゴ!」

モフォ「お、カルロス。今回は世話になったね。もう出発だろ?気をつけてな、良い旅を。クイダーテ」

カル 「いや、今日は帰らない

モフォ「?は?(悪い予感)なんで?今日中に国に戻って明日は大事な会議だって言ってたろ?」

カル 「リタだよ、リタ。ハリケーン・リタで今日はダラス空港が閉鎖だよ。だから今日は残らざるをえない、ってわけだ。な、最後の夜楽しもうぜ。バモ!

あーーーーぁぁぁぁ。「バモ」じゃないよぉ、おい・・・・・。
Rita

◆◆◆


結局夜10時に集合して、ダウンタウン近くのBへ。ま、行くなら徹底して楽しもう♪
Bの今晩はヒップ・ホップ、レゲエ、レゲトンの日。$5。安いね。地元民が一杯。

分かる範囲じゃジェーPの"Por Que"とかダミアン・マーレーの新譜"Welcome to Jamrock"の曲とか、トニー・ヤヨの"Throughts of a Predicate Felon"からとか、カニエ・ウエストの"Late Registration"からかかった。レゲトンで注目はYamilの”Flachea”Yaga & Makieの”El Tren”。

ダミアン・マーレーとトニー・ヤヨ、オーランドのCD屋でプロモ価格で買ったけどなかなかいいです。Joe-PはテレビでPVが出てた。
DamianMarley
Damian Marley
"Welcome to Jamrock"

ヒップ・ホップやレゲエもいいけど、やっぱりレゲトン。ジャミールの"フラチェア"はちょっと嬉しい。「フラチェア」ってフラッシュのこと。スパングリッシュだねえ。ジャミール君はプエルトリコじゃDJエリックのところでやっていて、ついにフォノビサからアルバム・デビュー。コンピレに登場してたりしたので知っている人もいるかも。アルバム”El Color del Dinero”はなかなかいいですよ。

Yamil
Yamil
El Color del Dinero"

それからヤガ & マッキーの”エル・トレン”。この曲、かなりエロな歌詞。ガールの”オタメー、モンタメー”っていうフレーズがキャッチーでいい感じ。PVがお約束のビキニ・ねーちゃん満載!の赤い汽車に乗って、「あなたの汽車にのっけてー」とかというちょっとマヌケな・・・・。

La Moda
Yaga & Mackie
"La Moda"

あと、オーランドで初めてテゴ・カルデロンの曲がかかったのもうれしいね。知ってる曲がかかると踊りが楽しい。歌えるし。ダディー・ヤンキーも10/1(土)のオーランドでのコンサートのせいかよくかかる。

◆◆◆


カルロス君がまたまたかわいいモレーナを4人も連れてきた。これだからパーティーは最高。後は曲のことは覚えていません(キッパリ)。踊るのと話すので手一杯。

B

しかし、カルロス、お前は次の日午後の便だから良いけど、こっちは朝7時の便だぞ。え?荷造り終わってるなら朝まで踊ればいいって?バカ言ってんじゃないよ、まったく・・・・・。
ん?・・・・いや・・・、そ、それは・・・いい考えかも!


  1. 2005/10/07(金) 00:00:04|
  2. 現場から
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トニー・タッチ来日!

Reggaetony

トニー・タッチが来日だそうです。
以下、案内より転載です。こりゃ行こ!

-------------------------------------
ヒップホップ界のトップDJでありレゲトン大使の異名をもつTONY TOUCHがニューアルバム「THE REGGAETONY ALBUM」をひっさげて来日決定!
TONY TOUCH JAPAN TOUR 2005
Date 11/2(Wed) at duo MUSIC EXCHANGE
LIVE & DJ TONY TOUCH
HOST MC RYU(SOUL TRAIN J-WAVE)
DJ MASTERKEY
SACHIHO
INOUE
and more
Adv ¥3,000(w1D) Door ¥3,500(w1D)
LAWSON 0570-063-003 コード34340
e+ http://eee.eplus.co.jp
duo 03-5459-8716
20歳未満の方の入場はお断りしております。
ご入場時顔写真付IDが必要です。
More info:duo MUSIC EXCHANGE
03-5459-8716

  1. 2005/10/05(水) 00:38:37|
  2. Tony Touch
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フロリダ情報

ちょっとフロリダのオーランドに行く用ができました。

オーランドってディズニー・ワールドのあるところです。空港もディズニーや
ユニバーサル・スタジオのお土産があふれてる。到着した夜、さっそくレゲトン踊りに出た。相棒は地元に強い中南米某国のカルロス。

ディズニーよりずっと北のダウンタウンの近く、Fへ車を飛ばした。

ここ、観光地だからめちゃくちゃ裏方で働いてる人口が多い。ディズニー、ユニバーサル、シーワールド、ブッシュガーデン、ホテル、モーテル、ショッピングセンター、アウトレット、レストラン、バー・・・・。

週末じゃないのに人が一杯だ。観光関係のスタッフは週末が休みじゃないから平日から踊りに来てるんだろって、カルロスがいう。すごい熱気だよ。そして11:30pm過ぎてもどんどん人が来る。

F1.jpg

右のYalのボトム、やるよなあ。

ID見せて$10払って入る。お、Angel & Khrizじゃんこれ。さ、まず踊ろ、踊ろ。

レゲトン、ヒップホップにサルサやバチャータも混じる。
あー、レゲトンはやっぱラテンだわ。しかしここのDJ、サルサとうまく繋ぐよな。それもプエルトリコ・サルサ。

やっぱプエルトリコ・サルサと(ドミニカン)バチャータの曲とヒップホップわかってないと、かっこいいレゲトンDJ出来ないね。

Grancombo.jpg
El Gran Combo de Puerto Rico
"Por Todo Lo Alto"

ルニー・トゥーンからエル・グラン・コンボのCD"Por Todo Lo Alto"のヒット曲"Asi Lagramos Nuestro Amor"につないで、Zion & Lennoxを入れて、ダディー・ヤンキーの"Lo Que Paso Paso"で盛り上げるとか、いいよねー。

aventura.jpg
Aventura
God's Project"
2005


アベントゥーラの新譜からドン・オマール参加の"Ella y Yo"、泣き系ヒップホップ(これはだれだか分からない)入れて、MVP 2DIVINOから、ニッキー・ジャムと来てマイアミのM.R.P.そしてティト・ロハスだもんなぁー、どうしてこうつないでスムーズなんだぁ?なんかワカランがこれは気持ちいいヨ!

MVP2.jpg
MVP 2
Various


でも、曲を細かく聴いて踊ってられるのも長く続かない。

MRP.jpg
M.R.P.
"King of Flow"


ダンスにはまったから?という訳じゃない。。酔っ払ったから?という訳でもない。

それはカルロスが女性軍を引っ張ってきたからでした。
ということで、後は踊ったことと盛り上がった事しか覚えてないのでレポートは以上。
  1. 2005/10/01(土) 12:20:38|
  2. 現場から
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MOFONGO

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。