MOFONGO'S REGGAETON

プエルトリコのレゲトン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Tito "El Bambino" Live

この間のプエルトリコへの旅でティト"エル・バンビーノ"のライブに行った。

ティト・"エル・バンビーノ"はエクトール"エル・ファーザー"(エクトール”エル・バンビーノ”)と一緒に『エクトル & ティト』という最強の人気を誇ったユニットの内の一人だ。

ALaReconquista

"Baila Morena"
"Gata Celosa"
"Cae la Noche"
"Ay Amor"・・・と、ヒットをいっぱい持っていた二人はデュオを解消してしまったけど、違った個性をもつ2人組のスタイルの成功はいろんなフォロワーを生んでます。ザイオン&レノックスなんかもそうですね。

丁度、夏にこんなコンピも出ました。

SeasonFinale

色々なアルバムに参加したチューンのコンピだけど、広い人気がわかる。さて、この2人のコンサートが今週、翌週と対抗するかのように行われ、まず先発がティト。

会場はCentro de Bellas Artes
ここ、プエルトリコで一番格調高いホール。レゲトンのコンサートするなんて、前代未聞だな。会場はファンの娘でいっぱい。大変素晴らしい。日曜の夕方だから、中学生くらいの娘も。それにしても、シーティングでレゲトン・コンサートが成り立つのか??

BambinoFans


◆◆◆


オープニングは"Asesina"

Bambino_t1

ティトは舞台中央上からハンギングされて降りてくるというなかなか派手な登場。最初はちょっと緊張気味だったけど、会場があったまってくるとだんだん観客を煽るようになってきていい感じ。

"Guata Gatas"などのヒットを歌う内に途中でリズムがサルサ風になったと思ったら「スペシャル・ゲストだという。ティトのラッピングの途中から飛び出してきたのはなんとドミンゴ・キニョネス

BambinoDomingo2

そう、ドミンゴって99年の"Se Necesita un Milagro"の頃からラップとのコラボやってるんだよね。エクトル & ティト"”La Historia Live”では、"Despues que Cae la Lluvia” を共演してる。

LaHistoriaLive

そして今夜の曲はエクトル・ラボー”Hacha y Machete”。名盤"De Ti Depende"の曲だ。
DeTiDepende

エクトル・ラボーは言わずと知れたプエルトリコの不安定なセンティミエントの美しさを象徴するようなサルサの歌い手。もう亡くなって久しいが、とにかくサルサだけじゃなく、今のレゲトンのパフォーマーにまでしっかりその匂いはしみ付いているのだ。

ドミンゴがソネオで、ティトがラップで各々ラボーの事を歌いこんだりするのを聴くのは、レゲトンの中にプエルトリコの要素が染み込んでいるかを目の当たりにした気がする。かなりうれしい。

SeNecesita

この日の音楽監督はウンベルト・ラミレス。サルサやラテン・ジャズのファンには言わずと知れたアレンジャーでトランペッタ-。バックにはトニート・バスケス(tb)なんかの顔も見える。サルサのアレンジがさすがです。レゲトンのエッジ感を損なわずスピード感のある融合。

◆◆◆


そして第二部、1曲目は“Dejala Volar”。そしてEddie Deeがラップに加わる。”Duelo”だ。会場もかなり盛り上がってきてもうスタンディングだ。そうだ、座って聞いてる場合じゃない。

Bambino01

ティトが会場を煽るのに多用するフレーズが"Donde esta Puerto Rico""Donde estan las mujeres soliteras"後の方のフレーズはアイドル系だけに似合うね、ドン・オマールやテゴだったら合わないかも。

一部と二部の間に楽屋にカメラが入りこんで着替えから、メイク直しまで会場のスクリーンで追える趣向。があった。着替えでバっと露出すると会場の女の子めちゃくちゃ盛り上がった。やっぱアイドル系だけはある。

“Felina””Ay Amor”といったヒットや最近の”Kambumbos”からのヒット”Me Pidieron Accion”とかが続く。DJ のRafy (Mercenario)もアタックを強くして盛り上げる。ダンサーもいい動き。Gatas(女性陣)も良い感じにエロチック
Bambino03


最後はステージには黒塗りのクルマが登場したり、火を噴いたり、タンサーが勢ぞろいとハデな演出で客席はとにかくスタンディングで踊る、といった具合でした。

◆◆◆


会場にはバレンティノグローリーが来てました。ラッキー!グローリと握手して、日本のファンだっていったら、ぎゅっとハグしてくれたよナイス!
Glory2

彼女は言わずとしれた、ダディー・ヤンキー「ガソリーナ」”ガソリーナちょうだ~い”って掛け合いしてるラッパー。ソロ・アルバムもなかなかいいですよ。キュートで色っぽいでしょ。実物もそのまんまのキュートさです。バレンティノはなかなかかっこいい兄ちゃん。

Glou

初日はエクトール”エル・ファーザー”も来て、テゴとかとステージに乗ったとの事。ここ1年ほど、全く一緒にやってなかったから、2人ノ仲モようやく落ちついたかな。ドン・オマールも来てたとか。

ティト・”エル・バンビーノ”は、音はナイスだけど、体格と声の質がマチョでないので、エクトル・”エル・ファザー”のようなタイプとコンビになるのは正解ですね。パーマネントでなくても、また相性のいいコラボの相手が見つかって、哀愁の高音ボイスでガンガン行ってもらいたいものです。


スポンサーサイト
  1. 2005/11/10(木) 00:53:33|
  2. Tito "El Bambino"
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

TONY TOUCH @Duo Music Exchange Nov.2

久しぶりの来日、Tony Touch。今回は”The Reggaetony Album”からのナンバーも用意、ってことで行ってきました。

Reggaetony


渋谷のduo music exchangeの オープンは23:00。ラテン・サイドにはあんまりアナウンスが流れてなかったから、きっと会場はB-Boy中心かなあ。モレーノ、モレーナは来るのかなあ?と心配で、Aさん誘って行きました。彼女は気持ち良いくらいがんがん踊ってくれるから。

23:30頃に到着したけど、まだ集まってない。トニー・タッチは外でファンと気軽に話してる。

フロアじゃDJ Masterkey、Sachino、Inoueが音を流す。人が溜まってきたのは1:00を回る頃からか。どうもラテンな匂いのする踊り手はいない。音のほうも95%Hip Hop系にちょっとダンスホールとかが混じるって感じ。

しかし、フロアが乗ってこないのだ。B-Boy君たちってあんまり踊らないの?フロアにとりあえず飛び出しているのは女性陣ばかり。いつものharlemとかのイベントに比べて今一つ客が前に出てこないノリにMCのRyu(Soul Train, J-wave)はアセったのか、しょうもない煽りをしていた・・・。

よくわかんないんだけどDJが平板だった。場を見てもっとフックのある曲でつなげばいいのに。MC入れてもうるさいし、ムード変えなのかダンスホールの定番出したら余計客がダレたり・・。レゲトンかければいいのに、って思ったけどそんなの持ってないんかな・・・。

バックのスクリーンにはトニー・タッチのPVが何度も流れる。”Play That Song”をはじめとしてプエルトリコ旗や旗のデザインのTシャツが映る。ヒップホップ・ファンの頭にプエルトリコ旗は刷り込まれたかな?そんなことはどうでもいいから、早くこの音が聞きたいよ。

Los Kalibresの皆が来てるのをみつけた。やっとラテンがいたヨ。よかった。彼等のCDをぜひトニー・タッチに聴いてもらいたいもんだ。

◆◆◆


2:00過ぎにトニー・タッチ登場。待たされた客は前にどっと出る。場が一挙にホットになる。Hip Hopなチューンの上にマイク持ってMCをかぶせる。かたことの日本語で煽るのは日本慣れしてるね。

Tony1


そしてレゲトンが始まった。”Pa’ Que Tu Lo Sepa”。来たァー。彼が”Yo Soy Boricua”と言うと会場から”Pa’ Que Tu Lo Sepa”と返る。そう、ラテン・ファン少なかったとしても、ヒップ・ホップ側も含めて「レゲトンを」聞きに来てたんだよ。となると前座のDJは選択ミスだなぁ。DJ Desordoとか入れればよかったのに。

”Pa’ Que Tu Lo Sepa”

持参のプエルトリコ旗を振ってると、トニーと目が合ってにやりと指差された。本日の任務終了。

Proricans


続いて”Asi”へ突入。ルビオのモレーナが登場。ハリケーンGの部分はディスクからだけど、その後のフックは彼女が担当。彼女がSONIなの? 良い感じの声、セクシー!

Soni


"Asi"

ここからだったかな、ダンサーが入ってきた。ジャパニーズのレディーたち。こっちも良い感じ。いろんな個性。その中で一人キュートでダンスのムーブがとってもいい娘がいた。そう、クラブでのレゲトンのパフォーマンスは個人バラバラな方がいいなぁ。

Yal1


トニー・タッチも”Damelo, Damelo Mami”と煽っていきダンサーとからんだり、ラッッピンでステージを動き回る。ビートが弾む。

Tony2


そして”Play That Song”。会場もこの曲はよく知ってるせいかグルーブ感が強い。ジャパニーズ・ガール・パフォーマーズがステージを盛り上げ、トニーのクルーのモレーナや男性ダンサーも加わりヒップ・ホップとラテンがステージに満ちる。これこれ。NYのレゲトン。トニーもブレイキングを披露。やるなー、さすが筋金入りのB-Boy。

"Play That Song"

Yal2


・・と言う感じに”The Reggaetony Album”からの曲が続いてたっぷりリズムで楽しんだ。

Tony5


そしてトニーはターン・テーブルの前に移り今度はDJの腕前を見せる。ここから曲はヒップ・ホップに。ピースメーカー2とかからの曲なんかもね。トニー・タッチのレゲトン&ヒップ・ホップ、しっかり楽しませてもらいました。

◆◆◆

前半、ちょっと好みじゃないタイプのヒップ・ホップに浸りすぎたせいか、ラテンで和みたくて六本木へ移動。スダーダ、ROXYと回る。

ラムでリラックス。いつものサルサ、メレンゲ、バチャータそしてくるっと回ってレゲトンも。やっぱりレゲトンってラテンだなぁとか思う酔っ払いの頭に音が流れてました。

  1. 2005/11/04(金) 00:46:40|
  2. Tony Touch
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

MOFONGO

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。