MOFONGO'S REGGAETON

プエルトリコのレゲトン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

レゲトン大賞/Reggaeton & Urban Awards

グラミーやラテン・グラミーでもレゲトン勢へのアワードがあるけど、これらの賞はカテゴリーの範囲が広すぎて、レゲトン・ファンにはちょっともの足りない。

レゲトンだけのアワードはないのか!?去年は結局だれが人気だったの?と楽しみたいファンのみんなは、来月3月1日に注目!

レゲトンだけ一同に会したアワード"People's Choice Reggaeton & Urban Awards"がプエルト・リコ・スタジアム(Coliseo de Puerto Rico)で開かれます。
ReggaetonUrbanAward
当日はなんと35のカテゴリーでの受賞者が発表されるのだ。そして、それはみんなの投票が決めるという"People's Choice"。
例えば去年の2005年度の受賞を紹介すると:

1. ベスト・ソング(Mejor cancion): Daddy Yankee "Mayor Que Yo"
2, ベスト・アルバム(男性)ダディー・ヤンキー "Barrio Fino"
3. ベスト・アルバム(女性)イビー・クイーン "Real"
4. ベスト・アルバム(デュオ)ザイオン&レノックス "Motivando a la Yal"
5. ベスト・アルバム(V.A>)ルニー・トゥーンズ "Mas Flow 2"
6. ベスト・アーティスト(男性):エクトル・エル・ファーザー


・・・という具合。今年はカテゴリーが20から35にかなり増えてて面白い。レゲトンならではのカテゴリーもあり。

ベストDJやベスト・リミックスがあるのはヒップホップ系のアワードとの似てる一方で、ベスト・ティラエラ (Cantante en la Competencia de Mejor Tiraera)とかベスト・フレーズ(Coro Mas "Pegajoso")とかはレゲトンだなあ。キャッチーなサビのフレーズ、コーラスのフレーズは曲の人気を決めるもんね。

ティラエラのような攻撃的/ハードなカテゴリーがある一方で、「ベスト・ロマンティック・アーティスト」とかあるのは、ここ数年のレゲトンの広がりとレゲトンがラテンの感性を背負ってるのをよく表している。

「ベスト・"ファッショナブル"・アーティスト」とか「ベスト・アルバム・イントロ」っていうのも面白い。"ファッショナブル"はKen YにするかTito El Bambinoに入れるか迷いました。"イントロ"はLuny Tunes & TainyのRoyal Rumbleに投票!新人プロデューサーはダニー・フォルナリスに投票、他ジャンルとのコラボにはVoltioとN'Klabeの"Amor de Una Noche"に投票・・・と35カテゴリーやってくとけっこう大変だったよ。

もし投票したい人がいたら
http://www.pcreggaetonawards.com/pcra/
をクリック。名前とメアドと住んでる地域をを登録すると、折り返しパスワードが来るからそれで投票サイトにアクセスできる。

当日のステージも面白そう。ティト・エル・バンビーノ、アルカンヘル、イビー・クイーンなどから”オールド・スクール”のアルベルト・スタイリーとかフェロ、チェシーナとかも出演。最近のべりーのブームとアラブ・メロディーのブームに合わせ”Arabeton”なんてのもあったりね。ティケットは$40-90とちょっと高いけど、収益の一部はサンファンの孤児院に寄付されるとの事。

◆◆◆


いくつかのカテゴリーでノミネートを紹介します。

まず、ベスト・ソング

◆アグレシ-ボ(Agresivo) – ジョウェル&ランディー with アルカンヘル(Jowell y Randy con Arcangel)
Agresivo
YouTubeでVideoを見る
人気急上昇、アルカンヘル!

◆アンヘリート (Angelito) – ドン・オマール(Don Omar)
Angelito
YouTubeでVideoを見る
さすがドン。この局、ビルボードのチャートでも強かったね。

◆アトレベテ・テ・テ (Atrevete Te Te) – レシデンテ・カジェ・トレセ(Residente Calle 13)
Atrevite
YouTubeでVideoを見る
レゲトンにオルタナな新感覚を吹き込んだCalle 13!

◆カイレCaile) – ティト・エル・バンビーノ (Tito El Bambino)
Caile
YouTubeでVideoを見る
この曲のタイトル・フレーズもキャッチーで流行りました。

◆ダウン (Down) – ラキム&ケン・Y (Rakim y Ken Y)
Down
YouTubeでVideoを見る
Ken Yの人気を決定付けた曲。これも人気だったなあ。

◆アイ・ルモール (Hay Rumor) - エクトール・エル・ファーザー with ノッティー (Hector El Father con Notty)
HayRumor
YouTubeでVideoを見る
エル・ファ-ザーは活動的でヒットが多かったななあ。

◆ジャメ・パ・ベルテ (Llamé Pa’ Verte – (Bailando Sexy) – ウイシン&ヤンデル (Wisin y Yandel)
LlamePaLante
YouTubeでVideoを見る
"ドブレウー!"WYは強力でした。かっこよかった!

◆ロス・マテ (Los Mate) – テゴ・カルデロン (Tego Calderon)
LosMate1
YouTubeでVideoを見る
テゴはOne & Only。このズシっとくるビートは真似できない。

◆ロンペ (Rompe) – ダディー・ヤンキー (Daddy Yankee)
Rompe1
YouTubeでVideoを見る
去年DYは実は決定打がなかった。

◆テレフォノ (Telefono) – エクトール・エル・ファーザー with ウイシン&ヤンデル (Hector El Father y Wisin y Yandel)
Telefono
YouTubeでVideoを見る
これも流行ったねえ。エル・ファーザーとウイシン&ヤンデルのコラボがばっちり決まった曲。

なんて全部紹介してると長くなりすぎちゃうからこのくらいで。
結果はまたお知らせします!
スポンサーサイト
  1. 2007/02/20(火) 23:39:26|
  2. Event
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Peru Brahma Flow/ペルーも熱い!

ペルーは今、夏。夏と言えばビール。
Brahma
ペルーのビールといえばクリスタル(Cristal)が浮かぶけど、最近はブラジルのブラマ(Brahma)の売りこみが激しい。 大コンサートを開いて宣伝だ!ともってきたのはサンバでもMPBではない。

レゲトンです。

若い世代に一番人気のあるのを持ってくるのは当然。


“Brahma Flow” とタイトルのついた大コンサートが、先週土曜日リマのBartolome Herrera大学のホールで行われた。
BrahmaFlow1 Poster
満員の聴衆を踊らせたのはティト・エル・バンビーノ(Tito “El Bambino”)、テゴ・カルデロン(Tego Calderon)、エクトール・エル・ファーザー(Hector “El Father”)、ヨモ(Yomo)。豪華な顔ぶれ。
BrahmaFlowTito ペルーのchicasもとてもナイス

しかし、ティトとエクトールが一緒にやるのは久しぶりではないだろか。インタビューでティトは「エクトルとは兄弟みたいなもんだ。ビジョンや方向性は違いけど張り合ってなんかいないし、もしそうならここで一緒になんかやるわけないだろ」と答えている。また二人のヒットが聴きたいね。
BrahmaFlow2
オープニングは地元のレゲトン・グループ“カジャオ・カルテル”(Callao Cartel)。ロス・カリブレスも日本から参加してもらいたかったところ。

ティトの”フロウ・ナトゥラル”(Flow Natural)やエクトールの”テレフォノ”(Telefono)、テゴの”ワサワサ”(Guasa guasa)、”ロス・マテ”(Los Mate)とペルーではヒットしただけあって、会場はのファンはたっぷり楽しんだようです。

◆◆◆

さて、コンサートの翌日、テゴはペルーを代表する港町のカジャオ(Calla)を訪ねた。オープニング・アクトを務めた”Callao Cartel”が連れていったのかな。
BrahmaFlow1a
Callaoは庶民の街だし、海の近くはコロンビアでもエクアドルでもサルサやビートの強い音楽が強い。アフロ系の人々の割合が多いのだ。

テゴはそんな庶民の、つまり少々アブナイとこへセキュリティー・ガードも付けずに出かけたのだった。それは、彼の絵がイスマエル・リベラ(Ismael Rivera)といっしょに壁に描かれてると聞いたからだ。

TegoPeru1
イルマエル・リベラは彼が一番尊敬するアイドルであるサルサの歌い手。当然プエルトリコ人で1960-80年代にヒットを飛ばし、いまでも彼の歌がラジオのサルサ局から流れない日は無い。

全くプライベートな訪問だったにも拘らず、町の人々はテゴを熱狂的にかつ暖かく向かえてくれ、テゴはとてもびっくりしたとの事。

テゴは良い悪いの問題では無く、他のレゲトン・アーティストと毛色が違う。ダディー・ヤンキードン・オマールのレゲトン・キング(Rey del Reggaeton)をかけた喧嘩(Tiraera)を「子供っぽい」と語り、「ビコC(Vico C)のようになりたい」とペルーでのインタビューに答えたテゴは、社会や不平等、庶民の生き方などにコミットするような歌詞を歌う。
TegoPeru2
そんな地に足のついたような作品があって、カジャオの庶民の人達はイスマエル・リベラと彼の絵を並べて描いたのだろう。

こう言う風に、プエルトリコとペルーという離れた場所であっても、音楽/歌を通して同じ感情を共有する事が出来る。音楽ってやっぱすごい。
  1. 2007/02/16(金) 23:48:56|
  2. Event
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

MOFONGO

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。