MOFONGO'S REGGAETON

プエルトリコのレゲトン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

TONY TOUCH @Duo Music Exchange Nov.2

久しぶりの来日、Tony Touch。今回は”The Reggaetony Album”からのナンバーも用意、ってことで行ってきました。

Reggaetony


渋谷のduo music exchangeの オープンは23:00。ラテン・サイドにはあんまりアナウンスが流れてなかったから、きっと会場はB-Boy中心かなあ。モレーノ、モレーナは来るのかなあ?と心配で、Aさん誘って行きました。彼女は気持ち良いくらいがんがん踊ってくれるから。

23:30頃に到着したけど、まだ集まってない。トニー・タッチは外でファンと気軽に話してる。

フロアじゃDJ Masterkey、Sachino、Inoueが音を流す。人が溜まってきたのは1:00を回る頃からか。どうもラテンな匂いのする踊り手はいない。音のほうも95%Hip Hop系にちょっとダンスホールとかが混じるって感じ。

しかし、フロアが乗ってこないのだ。B-Boy君たちってあんまり踊らないの?フロアにとりあえず飛び出しているのは女性陣ばかり。いつものharlemとかのイベントに比べて今一つ客が前に出てこないノリにMCのRyu(Soul Train, J-wave)はアセったのか、しょうもない煽りをしていた・・・。

よくわかんないんだけどDJが平板だった。場を見てもっとフックのある曲でつなげばいいのに。MC入れてもうるさいし、ムード変えなのかダンスホールの定番出したら余計客がダレたり・・。レゲトンかければいいのに、って思ったけどそんなの持ってないんかな・・・。

バックのスクリーンにはトニー・タッチのPVが何度も流れる。”Play That Song”をはじめとしてプエルトリコ旗や旗のデザインのTシャツが映る。ヒップホップ・ファンの頭にプエルトリコ旗は刷り込まれたかな?そんなことはどうでもいいから、早くこの音が聞きたいよ。

Los Kalibresの皆が来てるのをみつけた。やっとラテンがいたヨ。よかった。彼等のCDをぜひトニー・タッチに聴いてもらいたいもんだ。

◆◆◆


2:00過ぎにトニー・タッチ登場。待たされた客は前にどっと出る。場が一挙にホットになる。Hip Hopなチューンの上にマイク持ってMCをかぶせる。かたことの日本語で煽るのは日本慣れしてるね。

Tony1


そしてレゲトンが始まった。”Pa’ Que Tu Lo Sepa”。来たァー。彼が”Yo Soy Boricua”と言うと会場から”Pa’ Que Tu Lo Sepa”と返る。そう、ラテン・ファン少なかったとしても、ヒップ・ホップ側も含めて「レゲトンを」聞きに来てたんだよ。となると前座のDJは選択ミスだなぁ。DJ Desordoとか入れればよかったのに。

”Pa’ Que Tu Lo Sepa”

持参のプエルトリコ旗を振ってると、トニーと目が合ってにやりと指差された。本日の任務終了。

Proricans


続いて”Asi”へ突入。ルビオのモレーナが登場。ハリケーンGの部分はディスクからだけど、その後のフックは彼女が担当。彼女がSONIなの? 良い感じの声、セクシー!

Soni


"Asi"

ここからだったかな、ダンサーが入ってきた。ジャパニーズのレディーたち。こっちも良い感じ。いろんな個性。その中で一人キュートでダンスのムーブがとってもいい娘がいた。そう、クラブでのレゲトンのパフォーマンスは個人バラバラな方がいいなぁ。

Yal1


トニー・タッチも”Damelo, Damelo Mami”と煽っていきダンサーとからんだり、ラッッピンでステージを動き回る。ビートが弾む。

Tony2


そして”Play That Song”。会場もこの曲はよく知ってるせいかグルーブ感が強い。ジャパニーズ・ガール・パフォーマーズがステージを盛り上げ、トニーのクルーのモレーナや男性ダンサーも加わりヒップ・ホップとラテンがステージに満ちる。これこれ。NYのレゲトン。トニーもブレイキングを披露。やるなー、さすが筋金入りのB-Boy。

"Play That Song"

Yal2


・・と言う感じに”The Reggaetony Album”からの曲が続いてたっぷりリズムで楽しんだ。

Tony5


そしてトニーはターン・テーブルの前に移り今度はDJの腕前を見せる。ここから曲はヒップ・ホップに。ピースメーカー2とかからの曲なんかもね。トニー・タッチのレゲトン&ヒップ・ホップ、しっかり楽しませてもらいました。

◆◆◆

前半、ちょっと好みじゃないタイプのヒップ・ホップに浸りすぎたせいか、ラテンで和みたくて六本木へ移動。スダーダ、ROXYと回る。

ラムでリラックス。いつものサルサ、メレンゲ、バチャータそしてくるっと回ってレゲトンも。やっぱりレゲトンってラテンだなぁとか思う酔っ払いの頭に音が流れてました。

スポンサーサイト
  1. 2005/11/04(金) 00:46:40|
  2. Tony Touch
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<Tito "El Bambino" Live | ホーム | レゲトン・バリオ Vol.2 JZ Brat>>

コメント

お疲れ様でした。

hola, senol mofonguito, como estas? 
いやー、濃い水曜の夜でしたね。なんというか、まぁ、値段なりの楽しさはあったと思いますが、予想通り、国産B-boyだらけでしたし、あのDJの無理矢理な煽りは思い浮かべるといまだに胸が悪いわ。カルデロン、来てくれないかなー。あ、もちろんダディ・ヤンキーでもよし。
しかしね、もふぉんごさん、たぶん六本木のSとかRって、多くの人にとって刺激的な場所のはず。そこでもって「いやー、やっぱ和むね。」とか言ってる我々って、ちょっと・・・・ま、いいんですけど、楽しいから。
  1. 2005/11/08(火) 15:02:36 |
  2. URL |
  3. ひめ #hiiZJbic
  4. [ 編集]

Ay Carin~no

ははは、わたしゃ旗振っただけでもと取ったって感じ。しかし、(しつこいが)あのへんな煽りをいれたMC、ありゃ天下のDaddy's House/DJ Masterkeyに対しても失礼だよな。絶対に音で勝負したかったはずなのに。

んなこたどーでもよくて、そう、11月にダディー・ヤンキーが来るといううわさは当たらず、テゴはどうなるか?もちろんテゴが来たらちょっと卒倒モンですが。しかし、レゲトン、サルサ、バチャータとうまいことつないでかけてくれるROXYもじつに和みますね、って変かぁ?
  1. 2005/11/08(火) 23:26:34 |
  2. URL |
  3. mofongo #ncpgVk/g
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mofongo.blog13.fc2.com/tb.php/40-cc577590

MOFONGO

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。