MOFONGO'S REGGAETON

プエルトリコのレゲトン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

レゲトンになる前のラップ&レゲエ(0)

(-1より)

3台くらい前の車が急に減速した。おい、なんだよ。
ジョレンス・トレスを26号線を区切る金網をよじ登る人影が2人ほど見えた。一人は乗り越えて逃げおおせたようだが、もう一人はいきなり道路側へ落ちて動かなくなった。
やばい。流れ弾はゴメンだ。頭を思い切り低くしてアクセルを吹かす。

翌々日の新聞に短い記事が出ていた。ドラッグ・ディールの絡みらしい。23才の若者が亡くなっていた。

◆◆◆


メデジン・カルテルのパブロ・エスコバルが射殺され、代わりにのしてきていたカリ・カルテルのロドリゲス・ファミリーが追い詰められて来たころ、USへの流通経路の統制はゆるんで来たらしく、メデジン系だったプエルトリコのシマの一部はドミニカン・マフィアに牛耳られる事になった。

米本土のへのドラッグの物理的な持ち込みルートは色々ある。航空機ルートなら手荷物/二重底という堂々としたものから、ビニールに包んで飲み込むという破れたら即死となるような命がけの方法もある。海経由は太平洋側からメキシコ・ルート、西カリブから同じくメキシコ経由、そしてカリブ・ルートだ。

DrugCoastGuard3s.jpg


コロンビアからアメリカの海岸近くまで小型機で夜、低空でやってきて浮きを付けて落とす。それをすばやく回収する、などと言った方法がある。フロリダはキーウエストを含めCoast Guard/沿岸警備隊の監視がきつい。レーダーによる監視も力を入れている。

そこで輸送リスク分散でポピュラーになってきたのはプエルトリコ・ルート、又はドミニカ共和国-プエルトリコ・ルートなどの「カリビアン・コリドー」だ。プエルトリコのCoast Guardは本土より人員が少ないとも言われていた。

そしてプエルトリコに一旦入ってしまえばアメリカ国内だからそこから先へのディストリビューションの監視はどうしても甘くなる利点がある。

海岸の監視が甘いドミニカに落とし、海上でドミニカ-プエルトリコ間を受け渡す。レジャー・ボートだってヨットだっていい。

DrugCoastGuard2.jpg
「おい、今日は大漁だなあ」

そして、ボケロンからパルゲラ、サリナス、ハファルドなどのプエルトリコのハーバーや漁港に、いや普通の海岸にだっていい、陸揚げするという方法もポピュラー。

◆◆◆


90年代の島はなぜか景気が好調に伸びた。その経済好調の中に、よく聞こえてきたニュースがある。

「ドミニカン・マフィアがショッピング・モールを買収したらしい」
「あそこのボウリング場もそうだ」
「BMWとベンツの最上級クラスが結構売れている」
「マイアミのディーラーからマスタング・コンバーティブルやチェビーのカマロとか派手な新車を10台まとめて買ったらしい」

mustang.jpg20050627153524.jpg

ディーラー達の贅沢とマネーロンダリングがよく噂された。商品は基本的に本土へそのまま横流しされるのだが、やはり島内にも流れる。また、うまくちょろまかして自分のポケットに入れようとする奴も出る。

それがジョレンス・トレスで遭遇したようなシーンを生んだのだろう。

BMWやマスタングに大型スピーカと強力なアンプを積んでくれ、という注文が知り合いのカー・アクセサリー専門店に結構入ってきたのもこの頃だ。

(続く)
←なんだ、ちっとも音楽の話になんないじゃねーか。ひっぱりすぎ。
スポンサーサイト
  1. 2005/06/26(日) 01:18:50|
  2. RAP & REGGAE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ダディー・ヤンキー/THE SOURCE 7月号 | ホーム | ダディー・ヤンキーの異種格闘技>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mofongo.blog13.fc2.com/tb.php/9-0ac3580f

MOFONGO

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。